電力会社切替業務

電力会社切替業務

電力会社切替業務の紹介

2000年4月よりスタートした「電力の自由化」。これによりユーザーは電力会社だけでなく、新たに参入した事業者(特定規模電気事業者)からも電力を自由に購入できるようになりました。現在ではさらなる規制緩和が進み、全国の電力需要の60%以上が自由化されています。これにより顧客満足と価格によって電気の購入先を自由に選べるようになったのです。現在の特定規模電気事業者(PPS:Power Producer & Supplier)のシェアは関東で4.9%、中部で0.5%、関西で3.9%。電気の購入について、専門家に顧問を依頼している企業は10%にも至りません。拡大するマーケットの需要に対して、コンサルタントは圧倒的に不足しています。正に、大きな可能性を秘めた市場です。


電力会社切替業務の事例